”情報”と”データ”の違いを説明出来ますか?

情報とデータの明確な違いや定義を説明出来ますか?


情報って何でしょうか?
人それぞれ、違うのではないでしょうか。

因みに検索すると、この様に出てきます。


じょうほう
【情報】

1. 1. 
ある物事の事情についての知らせ。 「海外―」




2. 2. 
それを通して何らかの知識が得られるようなもの。▷ information の訳語。「データ」が表現の形の面を言うのに対し、内容面を言うことが多い。




良くわかりませんね。。(>_<)


では、データはどうでしょうか。

データ


1. それをもとにして、推理し結論を導き出す、または行動を決定するための事実。資料。▷ data


こちらは解りやすいですね。


実は両者とも明確な定義はされていないんですよ。

大きい分けて2通りあるの見方に分かれます。


1.情報ありき

まず情報があり、そこから必要な情報だけをピックアップしたものがデータ、と言う考え方です。

世の中にあるニュース、新聞等は全て情報として捉えそこから抽出したものがデータ、と言うことですね。


2.データありき

これはまず、データが先にありそこから人に流したり、形にしたものが情報、という考え方です。

なんだか鶏が先か卵が先かみたいな話ですが、こちらの見解がどうやら優勢みたいです。

 

 

情報がインフォメーションなのかインフォームなのか、悩ましい所です。

ウィキペディアにはこう書かれています。

情報(じょうほう、英語: information、ラテン語: informatio インフォルマーティオー)とは、
1. あるものごとの内容や事情についての知らせ[1]のこと。
2. 文字・数字などの記号やシンボルの媒体によって伝達され、受け手において、状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもの[1]のこと。
3. 生体が働くために
4. 用いられている指令や信号[1]のこと。
5. (情報理論(通信理論)での用法)価値判断を除いて、量的な存在としてとらえたそれ

 

f:id:buzzre95g:20170419180044j:image

まとめ

そもそも情報というものは戦争からきている説があり、戦略に使うものでした。
人に届く形あるものが情報だとすると、情報化する為のものがデータといえるでしょうね。


数値化したものがデータだとか、文章化したものが情報、という見方もあります。

それも間違いではないと思いますし、明確な答えがないから、逆に言えば使い方によって良し悪しがはっきりしそうです。


終わりに

まとめになって無かったかもしれませんが、情報とデータ、両者の違いに明確な答えはありません。

 

”答えが無いのが答え”とでもいいましょうか。

 

したがって、自分なりの答えを考えたり、持つことも良いと思います。


仮に明確な定義があったとしてもそれは”過去に存在していた誰か”が決めたことで、見方によればそれが正しいとは限らないですから。。


KOHEI